[PR]

(31日、ナビスコ杯決勝 鹿島3―0ガ大阪)

 どちらが取ってもおかしくないボールを、鹿島がことごとく奪った。MF小笠原やFW金崎が、攻守で体を張った。シュート計5本のガ大阪に対し、鹿島は前半10本、後半14本。終始圧倒した。

 成績不振で解任されたセレーゾ前監督に代わって7月に就任した石井監督は、短期間でチームを立て直した。指導は、ポイントを絞ることを心がけた。就任直後、鹿島が球際の競り合いでボールを奪うビデオを繰り返し見せ、「これが求めていることだ」と伝えた。

 前監督は多くを要求し、若い選手の思い切りが失われた。石井監督はコーチとしてそれを見ていた。

 開幕時23歳以下が対象のニュ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも