[PR]

 31日午後1時55分ごろ、愛知県知立(ちりゅう)市山町の国道1号沿いのレストラン「藤田屋」にワンボックスカーが突っ込んだ、と110番通報があった。車は店の奥まで約15メートル直進。客や店員ら16~74歳の計7人がはねられるなどして、3人が重傷、4人が軽傷を負った。

 県警安城署は、車を運転していた知立市昭和4丁目の自営業、堀田邦一(ほったくにいち)容疑者(76)を、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕した。「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話しているという。

 署などによると、車は駐車場から2階建て店舗の1階入り口のガラス戸を破って突っ込み、レストラン内を走って奥の座敷席の壁にぶつかり止まったという。

 堀田容疑者は調べに対し、同店の冷蔵庫修理を終えて、裏から表の駐車場へ車で移動。いったん降りて店に報告し、車に戻って道路に出ようとしていたと話しているという。

 負傷者7人は県内在住で、重傷は、ともに同店勤務で知立市のアルバイトの女子高生(16)と店員女性(25)、客で岡崎市の会社員女性(64)。名古屋市や刈谷市、岡崎市からの客4人が軽傷だった。

 「藤田屋」は「大あんまき」などの和菓子製造や飲食店経営の会社で、事故があった店舗は本店にあたる。