【動画】和歌山電鉄が水戸岡鋭治さんデザインの電車の運行を発表。その名も「ななつ星」ならぬ「うめ星」=伊吹早織撮影
[PR]

 和歌山電鉄は31日、貴志川線100周年を記念し、来春から新しいデザイン電車「うめ星(ぼし)」の運行を始めると発表した。特産の南高梅をイメージした高級感のある深紅の外観が特徴で、「たまⅡ世駅長」を襲名した三毛猫ニタマを支え、地方鉄道の星を目指す。

 デザインを担当したのは、JR九州の人気の豪華寝台列車「ななつ星」を手がけたデザイナーの水戸岡鋭治さん。車両の床や天井には木材をふんだんに用い、梅模様の座席に、車窓は障子をあしらうなど、和風の装いとなっている。

 周囲があっと驚く電車を作りたいと考えた小嶋光信社長が「九州が『ななつ星』なら、和歌山は『うめ星』だ!」と発案。予算は「ななつ星」の約100分の1というが、この日の伊太祁曽神社(和歌山市)であった会見では、「和歌山が世界に誇る梅をテーマにいい塩梅(あんばい)にできたので楽しみにしていてください」とアピールしていた。観光で訪れたJR東日本社員中嶋健太さん(31)=埼玉県=は「毎日の通勤・通学も楽しくなりそう。完成したら乗りに来たい」と話した。

 同社では、改装費約4千万円を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら