[PR]

 「悪い顔をしたスズメ」が人気を呼んでいる。秋田市浜田の大森山動物園のキジ舎に住み着いたスズメの看板に書かれた、ふてぶてしいけどかわいいイラストと説明が、来園者のツイッターを通じて拡散した。

 園によると、以前からスズメがキジ舎に穴を開けて侵入し、キジのエサをついばんでおり、木の板で穴をふさいでも別の穴を開けられるいたちごっこだったという。今では30羽ほどが住み着き、来園者から「スズメも飼っているんですか?」と尋ねられる始末。開き直った飼育員が遊び心で7月、スズメの看板をつけた。

 イラストのスズメはふてぶてしい感じで、説明文には「体長 キジ舎の網を通り抜けるぐらい」「体重 キジ舎で食べた分」「繁殖 キジ舎の中」「たべもの キジたちのごはん」とある。

 この看板を見た来園者が9月、「こんなに悪意を感じるスズメの紹介初めて見た」とツイッターに投稿すると、瞬く間に3万件を超すリツイートがされる反響があったという。

 園によると、有効なスズメ防止対策はあまりなく、当面はキジとスズメの共生が見られそうだという。(曽田幹東)