[PR]

 三重県伊勢市で市内の高校に通う3年生波田泉有(はだみう)さん(18)=同県松阪市=を刺殺したとして、殺人容疑で逮捕された同じ学校の3年の男子生徒(18)が、事件後とみられる時刻に、自身が死にたいという趣旨のメッセージを、知人に通信アプリ「LINE」で送っていたことが捜査関係者への取材でわかった。

 県警は事件前後の男子生徒の行動について、LINEでのこうしたやり取りもふまえ調べている。

 男子生徒の逮捕容疑は、9月28日午後5時10分ごろ、伊勢市尾上町(おのえちょう)の「虎尾山(とらおやま)」の記念碑付近で、女子生徒の左胸を包丁で刺して殺したというもの。高校や県警によると、2人はこの日午後4時ごろ下校して山に向かい、事件が起きた。知人にLINEで呼びかけられた男子生徒は午後7時ごろ居場所を伝え、午後8時ごろ知人らが現場に到着。現場に来た8人のうち1人が午後9時45分ごろ119番通報をしたという。

 捜査関係者によると、男子生徒…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら