[PR]

 ネット通販大手のアマゾンや楽天などが実店舗での売り込みに力を入れている。じかに触れてもらったり、品定めの相談に乗ったりすることで、商品を買ってもらう狙い。ただ、店の数は少なく、ネットをあまり使わない人まで取り込めるかは未知数だ。

 アマゾンの「ハロウィーンカフェ」が2日、東京・原宿のカフェの一角にお目見えした。4日まで、ピエロのコスチュームやティアラの手作りキットなどの通販商品が試せるほか、講師にメイクを教わるコーナーも。魔女の衣装を試着した東京都葛飾区の会社員土田詩央里さん(24)は「ネットだと口コミしかわからない。実物に触れると衣装の丈までわかる」と話す。

 アマゾンが商品を直接売り込むイベントを開くのは、電子書籍端末「キンドル」に続いて2度目。今後も利用者が商品に触れる機会を増やしたい考えだ。

 楽天も、通販で扱う洋菓子、和…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも