[PR]

 虐待や育児放棄で母親などとの間に愛着がうまく形成できなかった愛着障害児は、意欲に関わる脳の働きが低いことを、福井大、理化学研究所、生理学研究所のチームが確かめた。診断法の確立や治療法の開発につながると期待される。

 愛着障害を発症した子どもは、自己肯定感が極端に低く、ほめ言葉も心に響かないという特徴がある。しかし自閉症や注意欠陥・多動性障害と似ているため、鑑別診断が難しかった。

 研究チームは愛着障害児5人、注意欠陥・多動性障害児17人、障害のない子ども17人に、カード当てゲームをしてもらった。当たるとたくさんの小遣いがもらえる▽少しだけもらえる▽全くもらえないの3種の場合について、それぞれ脳の働きを機能的磁気共鳴画像法(fMRI)で調べた。

 結果、障害のない子どもは、小…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら