[PR]

 政治団体「日本歯科医師連盟」(日歯連)による政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が2日、2010年参院選で日歯連が支援した西村正美参院議員(民主)から任意で事情聴取したことが、関係者への取材で分かった。西村議員は、一連の資金の流れは知らなかったと説明したとみられる。特捜部は、13年参院選で日歯連が支援した石井みどり参院議員(自民)からも近く聴取する見通し。

 10年参院選で日歯連は、西村議員の後援会への5千万円の寄付とは別に、「民主党参議院比例区第80総支部」を経由して5千万円を寄付した。特捜部はこうした資金移動の経緯を聞いたとみられる。西村議員はこれまでの取材に「後援会は日歯連内部の団体で私は運営に関与できない」と話している。

 また、日歯連は13年参院選でも石井議員の後援会へ「迂回(うかい)寄付」した疑いがある。特捜部は、この資金移動についても石井議員から認識を聞くとみられる。