[PR]

 3日午前8時ごろ、徳島市新浜町1丁目の市道で、歩いていた同市昭和町8丁目のマッサージ師山橋衛二さん(50)が、同市八万町の自営業手伝い福本亮さん(38)運転のダンプにはねられ、胸などを強く打って約1時間後に死亡した。山橋さんは視覚障害者で、連れていた盲導犬も一緒に死んだ。

 徳島東署によると、現場は建設資材置き場の入り口付近。ダンプは当時、資材置き場にバックで入ろうとしていたらしい。山橋さんは勤務先の医院に出勤する途中だった。

 「徳島の盲導犬を育てる会」の杉井ひとみ事務局長(56)によると、一緒にいた盲導犬は県から貸与された10歳のオスのラブラドルレトリバー、ヴァルデス号。山橋さんは約9年間行動を共にしていた。ヴァルデス号が11日で引退することが決まっており、山橋さんは新しい犬との出会いも楽しみにしていたという。杉井さんは事故現場に駆けつけ、「ショックだ。盲導犬の判断ミスは考えにくい。どうしてこんなことになったのか」と話した。