[PR]

 ラグビーワールドカップ(W杯)イングランド大会は3日、1次リーグがあり、B組で1勝1敗の日本(世界ランキング12位)はミルトンキーンズでサモア(同11位)に26―5で完勝。W杯初の1大会2勝を記録し、初の決勝トーナメント進出に望みをつないだ。

 日本は前半8分、五郎丸がPGを決めて、3点を先取すると、相手2人がシンビンで一時退場する間に、スクラムでのペナルティートライ(ゴール)で突き放した。34分には五郎丸が再びPGを決めた。前半終了間際にはパスをつないで、山田が右隅にトライ。五郎丸が難しいゴールを決めてリードを20点に広げて前半を終えた。

 後半も日本ペースで試合が進み、五郎丸がPGを二つ決めた。24分にサモアに初トライを許したが、その後は得点を許さなかった。

 日本の先発メンバーは以下の通り。稲垣、ホラニ以外の13人は、大金星を挙げた初戦の南アフリカ戦と同じ布陣だった。

 ▽FW 稲垣(パナソニック)堀江(同)畠山(サントリー)トンプソン(近鉄)大野(東芝)リーチ(同)ブロードハースト(リコー)ホラニ(パナソニック)▽HB 田中(パナソニック)小野(サントリー)▽TB 松島(サントリー)立川(クボタ)サウ(ヤマハ発動機)山田(パナソニック)▽FB 五郎丸(ヤマハ発動機)

こんなニュースも