[PR]

 バングラデシュの警察当局によると、同国北西部ラングプールで3日、日本人男性が何者かに銃で撃たれ、死亡した。当局などによると、男性は星邦男さん(66)で、現地で家を借り、農業関係の活動に従事していた。在バングラデシュ日本大使館が係員を現地に派遣し、情報の確認を急いでいる。

 現場は首都ダッカの北西約300キロ。警察当局や現地の報道では、男性は自転車タクシーで移動中、バイクに乗った複数の男たちに撃たれたという。

 バングラデシュでは9月28日、援助団体員のイタリア人男性がダッカ中心部で銃撃を受けて死亡し、過激派組織「イスラム国」を名乗る犯行声明が出る事件があり、日本大使館が在住邦人に注意を呼びかけていた。今回の事件では犯行声明などは出ておらず、警察が捜査を進めている。(ニューデリー=貫洞欣寛)