[PR]

 愛知県警は3~4日、名古屋市中区の歓楽街「錦三(きんさん)・栄地区」で、キャバクラや風俗店に客を呼び込む「客引き」を一斉に摘発。県迷惑行為防止条例違反などの疑いで13人を逮捕し、発表した。

 逮捕されたのは、風俗店従業員ら22~47歳の男13人。中署によると、13人は8~9月、名古屋市中区錦3丁目で、「キャバクラどうですか」などと通行人に声をかけ、客引きをした疑いがある。

 県警によると、2013年6月に客引きを一切禁止する改正県迷惑行為防止条例が施行され、1日約300人だった客引きは、改正直後に約60人まで減少。しかし、今年8月には約270人まで戻っており、県警が取り締まりの強化に乗り出していた。