[PR]

 ラグビーワールドカップ(W杯)イングランド大会は3日、各地で1次リーグがあり、B組の日本はサモアに26―5で快勝したが、各組2位までによる決勝トーナメント進出は同じB組の南アフリカ、スコットランドの動向次第となった。

 日本は初戦の南アフリカ戦に続く白星で、8回目の出場となるW杯で初めて1大会2勝を挙げ、勝ち点を8に伸ばした。一方、南アフリカはスコットランドを34―16で破り、勝ち点11で首位に浮上し、勝ち点10のスコットランドは2位になった。この3チームの1次リーグはいずれも残り1試合だが、南アフリカが7日(日本時間8日午前0時45分)の米国戦、スコットランドが10日(同10日午後10時半)のサモア戦に勝つと、日本は勝ち点で上回れなくなり、11日(同12日午前4時)の米国戦の前に決勝トーナメント進出の望みが絶たれる。

 A組は前回大会4強の豪州がイングランドを33―13で下した。地元イングランドは初の1次リーグ敗退が決定。豪州は8大会連続、ウェールズは2大会連続の8強入りを決めた。

 C組では4日、アルゼンチンが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも