[PR]

 橋下徹大阪市長が「週刊新潮」の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社(東京)に1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が5日、大阪地裁であった。長谷部幸弥裁判長は名誉毀損(きそん)とプライバシー侵害を認め、同社に275万円の支払いを命じた。

 記事は2011年11月3日号で、当時大阪府知事の橋下氏の出身地域や親族について取り上げた。判決は内容が真実かどうかは判断せず、取り上げているのは私生活上の問題だと指摘。「(記事により)政治家としての資質に否定的な判断をする読者は相当多く、社会的評価を低下させる。公益を図る目的があったとはいえない」と判断した。

 週刊新潮編集部は「到底納得できない。控訴する」との談話を出した。(太田航)