[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、昨年12月に打ち上げた小惑星探査機「はやぶさ2」が目指している小惑星が、「Ryugu(リュウグウ)」と命名されたと発表した。

 浦島太郎の竜宮城にちなんだ。出かけた先で玉手箱を持ち帰る物語が、小惑星の試料の入ったカプセルを持ち帰る探査機のイメージと重なるうえ、小惑星が水を含むと期待されていることも踏まえたという。

 これまでは、発見年などから「1999JU3」と呼ばれていた。命名案はJAXAが今夏に公募。国内外から寄せられた7336件のうち、リュウグウは類似する案も含めて44件で、最多はすでに命名されているアマテラスだった。選考のうえ国際天文学連合に申請し、承認された。

 JAXAによると、承認には通…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら