[PR]

 愛知県小牧市の山下史守朗(しずお)市長が、市議選投開票日の前日の3日、候補者7人に「当選祝い」の文書を配布していたことが分かった。候補者側から「不適切だ」という指摘を受け、その日のうちに回収した。山下市長は5日、「軽率で配慮に欠けていた」と市議会に陳謝した。

 同市では4日、新図書館計画を巡る住民投票があった。市長公室によると、開票終了後、市長の記者会見が設定されており、当選者へのあいさつ回りができないため、3日から候補者全員に文書を渡す予定だったという。副市長が公用車で各事務所を回り、封筒に入れた文書を手渡した。その際、「当選したら明日(4日)夜に開けてほしい」と言付けたという。

 受け取った市議によると、「当選おめでとうございます。今後もよろしくお願いします」との内容だったという。市議会側は5日、「信じられない」「選挙運動に影響を与えた」などと市側に抗議。回収した文書の提出を求めたが、市側はシュレッダーで処理したと説明した。

 3日午前9時半に文書が届けられたある市議は、事務所に戻った午後3時半ごろ、関係者から「おめでとう」と言われたといい、「陣営の空気は緩んでいて、複雑な心境で残りの選挙戦をした」と話した。(松下和彦)

こんなニュースも