[PR]

 プロ野球の巨人は5日、福田聡志投手(32)がプロ野球選手が禁じられている野球賭博行為に関わっていたと発表した。賭博行為は巨人戦でも行われた。巨人は同日、プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)へ文書で概要を報告。久保博球団社長が東京都内で記者会見し、「プロ野球を愛する皆様、巨人ファンに深くおわび申し上げます」と謝罪した。警視庁は、近く巨人側に説明を求める方針。

 球団によると、福田投手は今夏の全国高校野球選手権大会の複数の試合、その後に9月上旬まであったプロ野球とメジャーリーグの各約10試合で賭けを行った。プロ野球では所属する巨人戦も3~4試合含まれていた。これまでの調査では、勝敗にかかわる「八百長」が行われた形跡は認められていないという。

 プロ野球では選手の野球賭博行為を「野球協約」で禁じている。球団は福田投手から事情を聴くなどした結果、NPBの熊崎勝彦コミッショナーに告発することを決め、文書で概要を報告した。刑法の賭博罪に当たる疑いもあり、警察への届け出も検討している。

 発表と記者会見によると、福田投手は今年春ごろ、自称税理士法人勤務という男性から、野球の試合で賭けをしないかと誘われた。この男性とは同僚の笠原将生(しょうき)投手(24)を通じて知り合ったという。

 福田投手は一度は断ったが、今夏から「軽い気持ちで」賭けを行った。男性からは各試合ごとに賭けの条件を記したメールが送られてきた。1点1万円で、高校野球が終了した時点で、大きな損をしていたという。

 男性からは「プロ野球で取り返せばいい」と持ち掛けられた。精算を求められず「どんどんやって」と勧められた。現金のやりとりは一度もなく、最終的に百数十万円の損となっていた。

 9月初旬、福田投手は近く子供が生まれることから、賭けはやめようと思い連絡を絶った。すると取り立てが始まったという。同30日に、男性が川崎市のジャイアンツ球場を訪れ、「福田選手の借金の取り立てに来た」と話したことから問題が発覚した。

 NPBは5日夕、熊崎コミッショナーらが記者会見。常設の調査委員会(委員長・大鶴基成弁護士)に委嘱したことを明らかにした。熊崎コミッショナーは「迅速に、厳正に手続きをとる」と語った。野球協約に反する行為として、永久失格処分となる可能性もある。

 福田投手は東北福祉大から2005年秋のドラフト希望枠で入団した。12年に自己最高の8勝を挙げるなど通算22勝15敗。今季は1軍登板はなかった。球団はこの日、男性と賭けマージャンの仲間という笠原投手とともに謹慎処分とした。

     ◇

 福田聡志投手は大阪府岸和田市出身で、伊都高(和歌山)から東北福祉大に入学。2004年の全日本大学野球選手権の優勝に貢献した。05年秋の大学生・社会人ドラフトの希望枠で巨人に入団。プロ入り後は1年目から1軍で登板、12年に8勝を挙げた。今季は1軍登板はなかった。プロ10年で151試合に登板し、通算成績は22勝15敗。身長180センチ、体重84キロ。

 笠原将生投手は08年秋のドラフト5位で福岡工大城東高から巨人に入団。今季は20試合に登板。プロ通算は80試合に登板し、7勝1敗1セーブ。