[PR]

 大阪府警の現職警察官が交際相手の女性(当時23)を殺害した事件の裁判員裁判で、大阪地裁は6日、殺人罪で懲役20年を求刑された元巡査長の水内貴士(みずうち・たかし)被告(27)=懲戒免職=に対し、懲役18年の判決を言い渡した。中山大行(ともゆき)裁判長は「警察官として人命を守る義務に反した悪質な犯行で強い非難に値するが、反省の態度も示している」と理由を述べた。

 判決によると、水内被告は1月24日朝、医療ソーシャルワーカーの白田光(しらたひかる)さんが住む大阪市東住吉区のマンションを訪れ、革のベルトで首を絞めて殺害した。別の女性との結婚を知られ、勤務先や妻に交際が発覚するのを恐れて犯行に及んだと認定した。

 水内被告は、震災復興支援で宮城県警に派遣された2年前、東北福祉大(仙台市)に通う白田さんと交際を始めた。昨年春に大阪府警へ戻り、8月に別の女性と結婚したが、大阪市内の病院に就職した白田さんとも交際を続けていた。

 判決は、争点となった計画性の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら