[PR]

 短文投稿サイトを運営する米ツイッター社は5日、暫定的に最高経営責任者(CEO)に就いていた同社の創業者の一人ジャック・ドーシー氏(38)が正式にCEOに就任したと発表した。9月30日付。

 ドーシー氏は、前CEOディック・コストロ氏が業績不振などに伴い7月1日付で辞任後、暫定CEOを務めていた。ドーシー氏はツイッターの会長職からは離れるが、カード決済システム「スクエア」社のCEOも引き続き務める。

 ツイッターは利用者の伸び悩みが課題になっており、利用者や広告収入を増やすためのサービスを模索している。米国では昨年からツイッターの画面から直接商品を買うことができる「購入」ボタンを限定的に導入。9月半ばには、来年の米大統領選に向け、スクエアと提携してツイッター上で候補者に寄付ができるサービスも始めた。(サンフランシスコ=宮地ゆう)

こんなニュースも