[PR]

 1977年に死去した米ロック歌手、エルビス・プレスリーの金色のグランドピアノが11月に競売にかけられることになった。50万~70万ドル(6千万~8400万円)で売れる見込みという。ロイター通信などが5日、伝えた。

 米ロサンゼルスの「ジュリアンズ・オークションズ」によると、ピアノはプレスリーが55年に母親のために購入。母の死後、68年にプレスリーの妻が、2人の結婚記念としてクルミ色だったピアノに金箔(きんぱく)を施したという。

 ピアノは長年、カントリーミュージック殿堂博物館(ナッシュビル)で展示されてきた。数年前に買い取った男性が手放し、11月7日に競売されることになった。この競売では同時に、ビートルズのリンゴ・スターが64年のニューヨークのコンサートなどで使ったドラムの革も売られる。

 ちなみに、2011年には、マリリン・モンローが映画「七年目の浮気」で着た白いドレスが別の競売で、460万ドル(当時3億7千万円)で落札されている。(ロサンゼルス=平山亜理

こんなニュースも