[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックの新しいエンブレムを選び直す組織委員会のエンブレム委員会(委員長=宮田亮平・東京芸大学長)は6日、東京都内で第2回会合を開き、再公募する際の応募要項案をまとめた。親子の参加を認めるなど、多くの国民が参加できる形となっている。

 応募要項案は、デザインコンクールなどの受賞歴は問わず、個人参加なら日本国籍を持つ18歳以上の誰もが応募でき、国内在住の外国人にも門戸を開く。18歳以上の代表者を置けば10人以内のグループでの応募も可能で、小さな子と親や職場の仲間での参加もできるというもの。旧エンブレムへの応募が実績あるデザイナーに限られ、選考過程も閉鎖的だったことを踏まえた。

 また、エンブレムのコンセプトは「多様性、自由度を重視する」として定めず、応募者に委ねる。今月中旬に公募を始め、締め切りは12月7日正午。宮田委員長は「大勢の人に参加してもらいたい」と話している。

 応募要項案は、組織委のホームページで公開している。デザイン着想のヒントとなるようにと「スポーツの力」などのキーワードも提示した。(榊原一生)