[PR]

 府警南警察署(南区)は12日夜、現庁舎での業務を終える。1957年に完成した現庁舎は国内に現存する最古の警察庁舎だったが、老朽化が進み、約500メートル南東に完成した新庁舎に移ることになった。半世紀以上にわたり地域を見守り続けた庁舎。市民からは感謝の声が多く聞かれた。

 9月28日夜、現庁舎の道場で活動する九条少年柔剣道愛好会が、最後の柔道の稽古をした。稽古が終わりにさしかかったころ、「今日が最後だと聞いて来た」と、OG・OBたちが次々と集まってきた。最後は全員で輪になり、「ありがとうございました」。中学3年の村上琢磨さん(15)は小学1年のころから通う。「この道場のおかげで強くなれた。寂しい」。30年にわたり道場で柔道を教えてきた食品会社社長の勝田裕さん(69)は、「この道場で『一本をとる』という夢は達成できたか。新しい道場でも、心機一転がんばろう」と子どもたちに呼びかけた。

 1998年に南区の主婦らで結成した防犯団体「南平安レディース」も、現庁舎を拠点に活動してきた。子どもに防犯意識を持ってもらうためのダンスなどを道場で猛練習した。活動拠点だった会議室は2階。約60度の急な階段を息を切らしながら上ったのもいい思い出だ。リーダーの石原明子さん(65)は「体も心も元気なのは、古い庁舎のおかげかも」と笑う。

 玄関にある「京都府南警察署」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら