[PR]

 抹茶アイスやフルーツの中にちくわ――。鳥取県倉吉市に「ちくわパフェ」を出す喫茶店がある。もともとインターネット上の音楽企画で描かれている架空の街のメニュー。この街のモデルが倉吉ではないかといわれ、「本物」を味わいに来たファンに触発された店主が再現した。

 「ティーラウンジ ダイアナ」(倉吉市米田町、0858・22・1234)。鳥取二十世紀梨記念館「なしっこ館」から徒歩約10分のところにある。オープンして約30年。薪(まき)ストーブと自家焙煎(ばいせん)のコーヒーが自慢といい、地元の人らが通う落ち着いた雰囲気の店だ。

 7月下旬、東京都内から20代後半の男性3人が訪れた。「ここでちくわパフェを出しているとネットで見て」と1人が言った。

 何も知らなかったマスターの山根正勝さん(66)は驚いたが、3人に詳しい話を聞き、ネットで調べた。

 コナミデジタルエンタテインメント(東京)が2012年から楽曲を配信する新企画「ひなビタ♪」をネットで始めたこと、曲は架空の街・倉野川市に暮らす5人組の女の子(アニメ)が商店街を活気づけるために作ったという設定で配信されること、商店街の名産品ちくわパフェのプロモーションソング「ちくわパフェだよ☆CKP」があることがわかった。倉野川市のモデルは倉吉市ではないかと言われ、ファンの間で聖地化していることも。

 「はやるという確信がありました」と山根さん。コナミ側の了承を得て、再現した。税込み600円。使うちくわには、クセがなく、滑らかな舌触りがパフェに合うと感じた鳥取名物のとうふちくわを採用。フルーツやアイスもできるだけ県内産を使った。

 発売後、山根さんのちくわパフェを取り上げたインターネット上の書き込みでは「ってマジでこさえたんか」「ちょっと、鳥取行ってくる」などと反響があった。実際に県内外から20代を中心にちくわパフェ目当ての来客が相次ぎ、多い日で1日20個の注文があったという。香港や米ボストンから来た人もおり、地元の常連客も話のネタにと食べているという。

 山根さんに話を聞いていた21日には、兵庫県明石市の大学生小倉歩さん(23)が友人2人と来店し、ちくわパフェを注文。「ツイッターとかネットで見て来ました。まあまあおいしかった」と話した。

 味に関しては「ちくわの塩味とクリームの甘さが最高」という声もあれば、「先にちくわだけ食べた方がええな」と少し冷めた見方も。

 「ちくパおじさん」を名乗り、PRする山根さんは「倉吉市の盛り上げに一役買いたい。一過性で終わらないように、ちくわパフェを通じて人とのつながりも築いていきたい」と話していた。(波絵理子)