1970年代に米国のボストン、ニューヨークシティーの両マラソンで2度ずつ優勝するなど、日本出身の女子マラソンランナーの草分けだったゴーマン美智子さんが9月19日、がんのため、米ワシントン州ベリンハムで亡くなった。80歳だった。6日、長女の美嘉さんがブログで明らかにした。5年前に肺がんを宣告され、闘病生活を送っていた。

 旧姓は諏訪。中国・青島で生まれ、幼少期は福島県南会津で過ごした。1964年に渡米し、米国人男性と結婚。33歳から走り始め、73年に初挑戦したマラソンで非公認ながら2時間46分36秒の世界記録をマーク。翌年のボストン・マラソンで初優勝した。出産後も走り続け、76年ニューヨークシティーでは2時間39分11秒の自己ベストをマーク。77年にはボストン、ニューヨークシティーの両マラソンを制した。79年の第1回東京国際女子マラソンには44歳で招待出場し、2時間54分9秒で16位だった。

 南会津町ではその功績をたたえ、86年からゴーマン杯ふるさと健康マラソンが開催されている。美智子さんが亡くなる瞬間は、その大会の記念Tシャツを着ていたと、美嘉さんはブログでつづった。