秋篠宮家の長女眞子さまが10日付で公益財団法人日本テニス協会の名誉総裁に就任すると宮内庁が発表した。秋篠宮さまが1992年4月から初代名誉総裁を務めていたが、協会と皇室の行事が秋に重なることが多く、眞子さまが担うことになったという。宮内庁によると、眞子さまはテニスをプレーするのが好きだといい、今後、協会主催の大会観戦のほか、式典などに出席する。