[PR]

 第15回東日本学校吹奏楽大会(北海道吹奏楽連盟など6連盟と朝日新聞社主催)が10日、札幌市の札幌コンサートホールKitaraで始まった。東関東代表として県内から出場した水戸市立千波中は金賞に輝き、同市立第二中は銀賞を受けた。

 千波中はヤマタノオロチ退治の神話に着想を得た「斐伊川に流るるクシナダ姫の涙」を選曲。たおやかな姫のイメージと激しい戦いの場面を対比させ、ドラマチックに奏でた。

 第二中はチンギス・ハーンの生涯をテーマにした「大いなる約束の大地」を披露。モンゴルの壮大な草原や激しい騎馬戦、ハーンが抱いた夢の情景をのびやかな音で描いた。

 同大会は六つの支部から選ばれ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら