[PR]

 ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会で活躍する日本代表は、エディ・ジョーンズヘッドコーチ(HC)が専門ごとにコーチを集め、分業化して強化を進めてきた。

 FW担当のスティーブ・ボーズウィックコーチ(35)は元イングランド代表で、準優勝した2007年大会メンバー。後に主将も務めた。開幕前にブライトンで開かれた歓迎式典では、大きな歓声を受けた地元のヒーローだ。

 今大会、ラインアウトからモールを押して奪ったトライにはボーズウィックコーチの分析がある。相手防御の弱点を見つけ、攻める方向をはじき出す。南アフリカ戦でトライを挙げ、選手たちからは「ここまで作戦がはまるか」という驚きの声もあがった。

 選手時代から分析に興味があっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも