「ちょっと、やりましょうか」。卓球の練習を見守っていた天皇陛下が、ラケットを手に卓球台に向かいました。予定になかった「飛び入り」参戦に、居合わせた人たちからどよめきがあがりました。

 相手は、パラリンピックを目指している宿野部拓海(しゅくのべ・たくみ)選手(23)。海外の大会で優勝経験のある実力者です。天皇陛下はスーツの上着を着たまま、宿野部選手と向き合いました。宿野部選手の球を、天皇陛下は着実に打ち返していきます。山なりの球ではなく、低い弾道で速い球のラリーが続きました。

 2球目、3球目……。天皇陛下は無駄な動きをせず、どっしりと構えて、相手の球を確実に打ち返すスタイル。真剣な表情の天皇陛下に、宿野部選手もこたえるように激しい球を返します。卓球台のすぐ横で見守っていた皇后さまは、楽しげに笑みを浮かべ、脇にそれた球を拾う場面も。計7球にわたった試合が終わると、会場から大きな拍手があがりました。

 10月4日。大分県別府市にある社会福祉法人「太陽の家」での一コマです。この施設は半世紀にわたり、障害者の就労を支援してきました。長年にわたり心を寄せてきた天皇、皇后両陛下は、施設の創立50周年記念式典の節目に、ぜひ訪問したいと希望。施設で働きながら、パラリンピック出場を目指す選手たちの練習を見て回ったわけです。

 「やりましょうか」。天皇陛下は、宿野部選手の練習相手だった男性にも声をかけ、再び卓球台に向かいました。先ほどにも増して、激しいラリーが続きます。今回も試合は計7球行われ、最後の1球は長いラリーの応酬。天皇陛下が得点すると、皇后さまはうれしそうに拍手を送っていました。

 80歳を超えているとは思えないラケットさばき。汗もかかず、息があがった様子もありません。20代~40代が大半の報道陣からは「とても勝てそうにない」と驚きの声があがったほどでした。

 実際、天皇陛下の卓球の腕前は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら