[PR]

 内部告発サイト「ウィキリークス」は9日、大筋合意した環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、焦点となったバイオ医薬品のデータ保護期間についての条文案とする文書を公開した。

 60ページからなる文書は、アトランタの閣僚会合で参加国が大筋合意した5日付。文書では、バイオ医薬品のデータ保護期間について、①少なくとも8年②少なくとも5年と「そのほかの措置」を組み合わせる、のどちらかを選べるようになっている。米通商代表部(USTR)のフロマン代表は5日の記者会見で「少なくとも5年のデータ保護と、その他の措置を組み合わせて、同等な結果を得られるようにした」と説明していた。

 また、末尾の付属文書では、マレーシアとメキシコに移行期間として5年、ペルーとベトナムには10年を認めている。USTRからは取材に対し回答がなかった。

 バイオ医薬品をめぐっては、フ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら