[PR]

 県吹奏楽祭が11日、高知市九反田の市文化プラザかるぽーとで開かれ、県内の小・中学、高校、大学生や社会人などの26団体が参加し、練習成果を披露した。

 今年は県吹奏楽連盟創立60周年を記念し、普段は生徒や学生たちを教えている先生らによる「ディレクターズバンド」がラストで登場。美空ひばりの「愛燦燦(さんさん)」や、アンコールで嵐の「愛を叫べ」を演奏、盛んな拍手を浴びた。高知大学教育学部で指導にあたる梶原彰人さん(35)は「虹の彼方(かなた)に」でトロンボーンのソロを披露。「先生方と一緒の演奏は初めてでしたが、和気あいあいと楽しめました」と話していた。(加藤高志)