[PR]

 10日午後6時20分ごろ、三重県南伊勢町五ケ所浦、小学2年溝口ティアラさん(7)が自宅に隣接する会社事務所のバルコニーに張ったテント内で倒れているのを、父親の秀樹さん(44)が見つけ、119番通報した。ティアラさんは病院で死亡が確認された。死因は一酸化炭素中毒。県警伊勢署によると、テント内で暖をとるため、七輪で木炭を燃やしていたという。

 署によると、溝口さん一家4人は9日夜、テント内で就寝。秀樹さんは10日午前5時ごろ起きたが、自宅に戻った時に気を失い、気づくと夕方になっていたという。テントに戻った時には妻(43)と次女(3)も、意識がもうろうとしていたという。