拡大する写真・図版 W杯初の1大会3勝を挙げて喜ぶ日本代表の選手たち=AFP時事

[PR]

 ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会は11日、英・グロスターで1次リーグ最終戦があり、日本(世界ランキング11位)は米国(同16位)を28―18(前半17―8)で下し、W杯では8回目の出場にして初の1大会3勝を挙げた。

 日本は前半5分、反則で米国にPGを許して3点を先行されたが、直後の7分、左への展開から松島がトライ。ゴールも決まり、7―3と逆転したが、24分に米国の攻撃を防げず、7―8とひっくり返された。

 しかし、28分に今大会初出場の藤田がトライを奪い、ゴールも成功して再びリード。さらに五郎丸のPGで突き放した。

 後半は開始から日本と米国がPGを一つずつ決めた後、22分にラインアウトからマフィがトライを奪いリードを広げた。31分、米国にターンオーバーから突破を許し、トライとゴールを決められ、7点差に詰められたが、37分に五郎丸のPGで10点差に突き放して、逃げ切った。

 日本は既に決勝トーナメント進出を逃しており、これが今大会最終戦。1次リーグB組3位は過去最高成績となる。

 先発メンバーは以下の通り。

 ▽FW 稲垣(パナソニック)堀江(パナソニック)山下(神戸製鋼)トンプソン(近鉄)アイブス(キヤノン)リーチ(東芝)ブロードハースト(リコー)ホラニ(パナソニック)▽HB 田中(パナソニック)小野(サントリー)▽TB 松島(サントリー)ウィング(神戸製鋼)立川(クボタ)藤田(早大)▽FB 五郎丸(ヤマハ発動機)

     ◇

 D組の1、2位対決はアイルランドがフランスを24―9で破り、1位通過を決めた。この日で1次リーグの全試合が終わり、準々決勝の組み合わせが決まった。17日はニュージーランド(C組1位)―フランス(D組2位)、南アフリカ(B組1位)―ウェールズ(A組2位)の2試合。18日はアイルランド(D組1位)―アルゼンチン(C組2位)、豪州(A組1位)―スコットランド(B組2位)の2試合。

   …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも