[PR]

 甲南女子大(神戸市東灘区)は13日、人間科学部総合子ども学科の女性准教授が、学生と卒業生577人の成績などが入ったUSBメモリー1個を紛失したと発表した。准教授は大阪国際大短期大学部(大阪府守口市)の非常勤講師も務めており、USBには同校の52人分の成績なども入っていたという。

 甲南女子大によると、准教授が9月25日に大阪国際大に講義に行った際、2013~15年度に担当した学生の名前、学籍番号、出席状況、成績が記録されたUSBを紛失。パスワードは設定されていなかった。甲南女子大は「情報流出が懸念される学生の対応にあたっている」としている。

 大阪国際大短大部によると、同じUSBには准教授が同大学の非常勤講師として15年度前期に担当した科目の履修者情報(名前、学籍番号、成績情報)が入っていたという。