[PR]

 プレイボーイ(Playboy)誌の編集幹部の一人、コリー・ジョーンズが、同誌の創刊者ヒュー・ヘフナーをプレイボーイマンション(訳注:ロサンゼルス市内の豪邸)に訪ねたのは9月のことだった。

 木製の壁にピカソやデ・クーニングの絵が飾られたダイニングルームで、ジョーンズは神経をピリピリさせながらラジカルな提案をした。アメリカのセックス革命のパイオニア的な役割を果たしてきたのがプレイボーイ誌だが、女性のヌード写真の掲載をやめるべきだという提案である。

 現在も同誌の編集主幹を務める89歳のヘフナーは、提案に同意した。来年の3月号から新方針で編集する。刺激的なポーズをとる女性の写真は載せるが、全裸の写真は掲載しない。最高経営責任者(CEO)のスコット・フランダースは「画面をクリックするだけで、あらゆる性的な画像がタダで見られるのだから、その種の写真はもう時代遅れになってしまった」という。

 アメリカの男性にとって、プレ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも