[PR]

 児童全員が相撲のしこ名を持っている飯塚市の八木山小学校(児童数32人)で15日、相撲大会が開かれた。宮相撲の流れをくむ伝統行事。女子が歌う相撲甚句に乗せて、保護者手作りの化粧まわしを締めた男子が踊ったあと、男女とも取組があった。豆力士たちの力のこもった戦いに声援が飛んでいた。

 八木山小では、入学すると男女を問わず保護者にしこ名をつけてもらい、男子は化粧まわしも作る。男子のしこ名は自分の名前を入れることが多く、女子は花の名前を付けるのが一般的だ。校内にある土俵の周囲には、子どもたちのしこ名を書いたのぼりが立てられた。

 大会では、福岡魁誠高校(粕屋町)相撲部による模範演技、相撲甚句に続き、男子がまわし姿、女子が体操着で、東西対抗戦、トーナメント(女子)、勝ち抜き戦(男子)を繰り広げた。

 4~6年生の勝ち抜き戦で優勝…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら