[PR]

 オバマ米大統領は15日、ホワイトハウスで演説し、来年末までにアフガニスタン駐留米軍を撤退させる計画を見直し、部隊の駐留を延長させる方針を明らかにした。オバマ氏が退任する2017年1月以降も、約5500人の米兵をとどまらせる。反政府武装勢力タリバーンの攻勢や過激派組織「イスラム国」(IS)などの台頭で治安悪化が著しく、オバマ氏の任期中にイラクとアフガンの戦争を終わらせるとする公約の見直しを迫られた形だ。

 オバマ氏は昨年5月、アフガン国軍の訓練とテロ組織の掃討作戦のため約9800人の駐留を継続し、16年末までに米大使館警護の一部要員を除いて完全撤退する方針を発表していた。

 しかし、タリバーンの攻勢に加え、ISなどテロ組織の勢力が拡大。アフガン駐留米軍のキャンベル司令官も、アフガン国軍だけでは治安を守るのは困難だとして、オバマ氏に駐留延長を助言していた。

 オバマ氏はこの日の演説で、来年末までは現在の体制を維持し、17年1月以降も計5500人の米兵をアフガンの数都市に残す方針を示した。アフガン軍への訓練と対テロ作戦の任務は変えない。オバマ氏は「(米軍の支援により)アフガン軍の能力は向上したが、まだ十分ではない」と指摘。アフガンがテロ集団の隠れ家になり、周辺国や米国が攻撃されるのを防ぐ必要があると強調した。

 オバマ氏は08年、ブッシュ前政権が始めたイラクとアフガンでの戦争を終わらせることを公約に掲げて大統領に当選した。しかし、イラクでは11年に一度は完全撤退したものの、ISが支配地域を広げたため、14年から空爆を開始。アフガンでも任期中の完全撤退が達成できなくなり、「戦争を終わらせる」という公約を断念することになった。(ワシントン=奥寺淳)

こんなニュースも