[PR]

 子どもがおむつを外す年齢が上がっています。祖父母世代からは「遅すぎるのでは」と孫を心配する声も聞こえます。どんなタイミングで、おむつを外す練習を始めたらいいのでしょうか。

昔は1歳で取れた?

 「昔は1歳でおむつがとれることも珍しくなかった。最近は3歳前後が普通になっています」。神奈川県鎌倉市で5日にあったトイレトレーニングのセミナーで、講師の渡辺敦子さん(39)が説明した。親たちがおむつ外しの方法などを学ぶ、日本コミュニケーション育児協会認定の教室だ。

 参加者は、祖父母から「おむつを取るのが遅すぎる」と言われたり、すでにおむつが外れた他の子と比較したりして、悩んでいる人が少なくないという。

 日本小児保健協会の調査で、排尿のしつけをうけていない子の割合は、1980年度は1歳~2歳未満で28%だった。2010年度は、72%に増えている。

 子供用おむつを販売するP&Gの調査では、昼夜のおむつが外れたのは、90年には平均2歳4カ月だったが、07年は平均3歳4カ月だった。

 子育て家庭のニーズを見込み、メーカー各社は成長しても使える大きなサイズのおむつを販売している。

 P&Gは2月、15~28キロの体重の子を想定したおむつを再発売した。09年に発売した後、東日本大震災の影響で終了したが、要望を受けて、改良して再開したという。同社は「市場は今後も拡大する」と見る。花王も13年に15~28キロのサイズを発売。ユニ・チャームも04年から、13~25キロのサイズを販売している。各社とも「売れ行きは好調」という。

■時代ととも…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら