[PR]

 11月の大阪府知事選で争点となりそうな府の「咲洲(さきしま)庁舎」ビルの問題が16日、府議会で議論になった。テナントが激減し、展望台の運営業者の撤退も危ぶまれる。打開策は乏しく、咲洲移転を主導した大阪維新の会の急所になりかねない。

 「咲洲ビルも約半分が空いたままの状態。デメリットを直視し、現実的な対応策を考えるときだ」。16日の総務常任委員会で公明党の林啓二府議が言及した。

 ビルは55階建ての旧大阪ワールドトレードセンタービルディング(WTC)。橋下徹大阪市長(大阪維新代表)が知事時代に府が購入し、都心部の「大手前庁舎」からの移転を主導した。耐震性が不安視され、庁舎が二つに分かれる非効率性を指摘する声も根強い。林氏は空室率が4割になるビルの有効活用と大手前庁舎への集約を求めた。

 答弁によると、テナント数がビ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも