[PR]

心の傷と向き合って ルポ・あいち小児センター:2

 「お話があるので、子どもたちはプレイルームに集まってください」

 心療科病棟に放送が流れた。不安そうに顔を見合わせる子どもたちに、看護師が話す。

 「みなさん、最近距離が近くなっています。ここでのお約束、腕1本分の距離を守ってください」

 虐待を受けた子の多くは、人と適度な距離をとるのが苦手だ。「あいしてる」などと言いながら記者に抱きつく子もいる。

 中学生の女の子Bさんも「腕を伸ばして1本分」の距離がなかなか守れなかった。同年代の女子にぴったりくっついたり、看護師に抱きついたり。そのたび「距離近いよ」と注意された。

 母親が彼女の喫煙など非行の相談にセンターを訪れたのが、入院のきっかけだった。話を聞いていくうち、育児放棄(ネグレクト)に近い状態で育ち、親戚の男性から下着に手を入れられる性虐待も受けていたことが分かった。

 だれかれ構わずべったりするだ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら