【動画】東山動植物園の雄のゴリラ「シャバーニ」=大野晴香撮影
[PR]

 インターネットで「イケメン」と話題になった東山動植物園(名古屋市千種区)の雄のゴリラ「シャバーニ」。人気は一向に衰えず、ついには写真集まで出版された。好物は植物という文字通りの「草食系男子」。なぜモテるのか?

 ある平日の午後、2頭の子どもを含む5頭のニシローランドゴリラがいるゴリラ舎は数十人の家族連れらでにぎわっていた。

イケメンフィーバー

 シャバーニが現れると、集まった人たちは一斉にカメラや携帯電話を向けた。シャバーニが腕を前に組んでうつむき加減に視線を流すと、「おぉ」とため息のような声も聞かれた。

 「早く行こうよ」とぐずる女児に「せっかく格好いいゴリラさんを見に来たんだから」と引き留める母親の姿も見られた。見物する人には女性が目立った。

 友人と訪れた名古屋市名東区の主婦(31)は「体が締まっている感じで、胸板がいいよね。ラグビー選手みたい」。なぜ人気だと思うか尋ねると、「たくましいからでは」。

 シャバーニ。オランダの動物園生まれで20日に19歳になる。2歳の子ども2頭を育てる父親でもある。

 東山には2007年に来園した。今年に入り、ネット上に写真とともに「イケメンすぎるゴリラ」などというコメントが投稿され、広く知られるように。さらに「2頭の子どもをかいがいしく世話する姿を見て、『イクメン』だと感じる女性もいて人気に拍車をかけた」と担当者。東山では、シャバーニを見ようと駆けつけるファンのため、ゴリラ舎の前に「シャバーニ」と書かれた看板も立てた。

 夏にかけて新聞やテレビ、週刊誌、米国のCNNで取り上げられた。英国の国営放送BBCは「『イケメン』である上に『イクメン』であることは、(日本の)働く女性にとって『ドリーム・カム・トゥルー(夢かなう)』なのだ」と紹介した。

 10月には東京の扶桑社が「公…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら