[PR]

 ベトナム発祥の格闘技「ボビナム」を広めようと福岡県出身のプロレスラーが奮闘している。競技の奥深さに魅了されてベトナムで修行し、指導者の資格を得た。門下生は全国に約50人。第2の日本人マスターの育成を目指している。

 「モッ、ハイ、バー、ボン……」。ベトナム語のかけ声が響く。福岡市東区にある九州産業大学の体育館でプロレス研究部員を指導するのは、同部OBでプロレスラーの藤崎忠博さん(46)=リングネーム「富豪2(フゴフゴ)夢路(ゆめじ)」。日本人唯一のボビナム指導者で、「マスターフゴ」と呼ばれる。

 2011年、タイでのプロレス巡業後に旅行に出かけたベトナムでボビナムを知った。現地で開かれた世界大会を観戦。小柄な男が飛びはね、大きな男の首に両足を絡ませ、体を回して転ばせる。研ぎ澄まされた技に引き込まれた。「すごい技術だと直観した」

 藤崎さんによると、技の多くは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら