[PR]

 スマホで日本の飲食店を予約すると、途上国の貧しい子どもたちに給食が支援される――。そんなスマホ向けアプリ「テーブルクロス」が若者を中心にじわりと広がりつつある。

 立教大4年の城宝(じょうほう)薫さん(22)が3月に立ち上げた。途上国支援の趣旨に賛同した全国の居酒屋やレストランなど約1千店が登録し、ユーザーは「食べログ」や「ぐるなび」のように店を検索できる。

 予約が完了すると、飲食店は1人あたり180円の広告料をテーブルクロスに支払う。うち30円が国連やNGOなどを通じてバングラデシュやミャンマー、カンボジアなどに回る。アプリをダウンロードした人は3万人にのぼり、半年で4千食以上の給食を届けた。

 城宝さんは小学生の頃、家族旅行で訪れたインドネシアで路上生活の子どもたちをみて、途上国の貧困を知った。城宝さんは「社会問題をビジネスで解決したい」と考えて昨年、アプリ運営会社の社長になり、資金集めに奔走した。「アプリで予約するだけなら手軽。日本にも根づくのでは」と期待する。(岡林佐和)

こんなニュースも