拡大する写真・図版 詳細は公表されていないマツダ「スポーツコンセプト」のシルエット写真。業界ではロータリーエンジンが搭載されるかどうかが注目されている=同社提供

[PR]

 30日から一般公開される「東京モーターショー2015」で、マツダは得意のスポーツモデルとSUV(スポーツ用多目的車)でアピールする構えだ。

 最大の目玉は、メディア公開の28日まで詳細が伏せられている「マツダスポーツコンセプト」だ。いま知らされているのは、流線形のボディーがかろうじて映った写真のみ。低くてノーズが長く、クーペのような仕上がりにも見える。ライトウェートスポーツの「ロードスター」よりも大きそうだ。

 専門誌などは、マツダが2012年に生産終了した「RX―8」に搭載されていたロータリーエンジン(RE)が「ここで復活するのではないか」と報じている。REを積んだクーペといえば、2002年に生産終了した「RX―7」。このため、RX―7の後継になるとの見方や、REの弱点である燃費の悪さを改善するために、ハイブリッドシステムを組み合わせるとの推測もある。

 REはマツダが世界で初めて量産車を出したが、近年は環境性能が重視されることもあって、製品化が途絶えている。とはいえ、出力の大きさや独特のエンジン音などほかにない魅力があり、復活を望むファンは多い。マツダも「研究は続けている」と言い続けてきた。今回のスポーツコンセプトにREがもし積まれれば、待望のRE搭載市販車への注目が一気に増しそうだ。

 ほかにもクロスオーバーコンセ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く