【動画】脳性まひの障害を負ったチンパンジーのミルキー。人工保育を受けながらリハビリに取り組む=加藤諒撮影
[PR]

 脳性まひの障害を負った雌のチンパンジー、ミルキーが、高知県立のいち動物公園(同県香南市)で、人工保育を受けながら、リハビリに取り組んでいる。

 ミルキーは2013年7月、難産の末、心肺停止状態で生まれた。蘇生処置で一命は取り留めたものの、全身にまひが残った。歩くことはもちろん、体を起こして座ることもできなかった。

 滋賀県立大学の比較発達研究の専門家や理学療法士らがミルキーのことを知り、支援を買って出た。昨年から月に1度集まって、反応や手足の動きを調べ、飼育員や獣医師らとリハビリ計画を練っている。

 手足の機能が着実に向上する中、まひが強い右手でも物をつかんだり、補助を受けながら両足で歩いたりできるようになった。飼育担当の山田信宏さん(42)は、「日々成長するミルキーに合わせて、必要な支援を考えていきたい」と話している。(加藤諒)

関連ニュース