[PR]

 日本野球機構(NPB)は21日、プロ野球巨人の福田聡志投手(32)が野球賭博をしていた問題を調査委員会(委員長=大鶴基成弁護士)が調べたところ、福田投手のほかに、巨人の笠原将生(しょうき、24)と松本竜也(22)の2投手も賭博行為をしていたことが分かったと発表した。

 NPBによると、笠原投手は、福田投手と賭博を誘った野球賭博常習者の男性を仲介していたとされていたが、自身も昨年4~10月にプロ野球約10試合について賭博を行ったという。笠原投手はまた、別の野球賭博常習者を通じても、昨年のプロ野球10~20試合で賭博を行った。

 松本投手は昨年6~10月に、笠原投手を介して知り合った常習者らとともにプロ野球の十数試合で賭博を行ったという。

 福田投手については今年5~9月に高校野球や大リーグの勝敗で賭博をしたほか、8~9月にプロ野球の約10試合でも賭博をしたと認定された。また、福田投手と笠原投手は、マージャンやバカラでも野球賭博常習者とともに賭博を行っていた。

 NPBの調査委員会の大鶴委員長は「3選手の携帯電話を調べ、削除されたメールを再現して分析した結果、判明した。八百長の共謀などは今のところ認められない」とした上で、「1カ月以内に最終報告を出したい」と話した。3選手とも、野球協約180条の「賭博行為の禁止および暴力団員等との交際禁止」に違反する行為にあたり、1年または無期の失格処分となる。

 福田投手は巨人戦で賭けを行っていたが、大鶴委員長によると、笠原投手と松本投手については、巨人戦を対象にしたことは確認できていない。他球団の選手に広がる可能性について、大鶴委員長は「そのような情報はつかんでいない」と話した。

 巨人の久保博・球団社長は「野…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く