[PR]

 福島市出身の作曲家、古関裕而(ゆうじ)のメロディーを秋空に響かせ、福島の元気を発信していこうというイベント「マーチング from ふくしま」が24日、JR福島駅前広場で開かれる。「古関メロディーのもと心をひとつにして、復興への道のりを歩んでいけたら」との願いが込められている。

 「はい、もうちょっと音をきれいにあわせて」

 19日夕方。放課後の福島商業高校の校舎に、吹奏楽部約30人によるハーモニーが響いた。鈴木陽子教諭(36)の指導にあわせ楽器同士の音のバランスをとる練習だ。

 同校は古関の母校で、校歌も古…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら