[PR]

 シリアのアサド大統領が20日にモスクワを訪れ、ロシアのプーチン大統領と会談した。アサド氏がシリア国外に外交に出るのは、内戦が激化した2011年以降初めて。ロシアは、アサド政権を支えつつ、泥沼化している内戦の収拾に向けて仲介役を演じる構えだ。

 会談は極秘裏に行われ、ロシア大統領府は21日朝、前夜にクレムリンで会談があったことを発表した。AFP通信は21日、アサド氏はすでにシリアに帰国していると伝えた。ロシアはそれを待って発表したとみられる。安全上の理由の他に、ロシアへの亡命という誤解を生んで反体制派を勢いづかせることをアサド氏が恐れたためとみられる。

 会談の冒頭でプーチン氏は「我々の要請に応じて来ていただいた」と述べ、ロシア側が招待したことを明らかにした。9月末に始めたシリア領内の過激派組織「イスラム国」(IS)攻撃を名目とした空爆について、「大きな成果を上げている」と強調した。

 さらにプーチン氏は、シリアの内戦終結に向けて「すべての政治勢力、民族、宗教グループが参加した政治的なプロセスを進める必要がある」と強調した上で「軍事行動だけでなく、政治プロセスで貢献する用意がある。他の大国や地域の国々と連携したい」と述べた。

 ロシア外務省によると21日に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも