[PR]

 国産初のジェット旅客機MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)が11日、初めて飛んだ。国産旅客機の開発は、プロペラ機のYS11以来、半世紀ぶり。欧米の下請けに甘んじてきた日本の航空産業が、世界市場に再び挑む。自動車産業などに続く、ものづくりの柱の一つに育つのか。細身のMRJに重い期待がかかる。

 11日午前9時35分。流線形のMRJが愛知県営名古屋空港を飛び立った。秋空に吸い込まれていくと、一帯は大歓声。近くの公園はカメラを向ける人らで混雑し、周辺の路上は車であふれた。東京都大田区から訪れた会社員の男性(30)は「スマートで美しい。世界の航空機産業界に割って入って欲しい」。

 午前11時すぎの着陸も滑らか。操縦した安村佳之機長は「これまで経験した中でもトップクラスの操縦性と安定性だった」と振り返る。

 MRJは部品の7割を外国製に頼るものの、日本企業の三菱航空機が設計し、親会社の三菱重工業が国内で組み立てる。こうした国産機開発は半世紀ぶりだ。

 大型機をてがける米ボーイングや欧州エアバスの背中は遠く、MRJは「リージョナルジェット」と呼ばれる100席以下の小型機市場をめざす。

 三菱重工はボーイングなどの下請けとして、求められた部品をつくる技能を磨いてきたが、機体を一から組み立てるノウハウに乏しい。設計変更や部品調達の遅れが相次ぎ、初飛行は当初の予定から4年以上も遅れた。

 それだけに初飛行の喜びはひと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら