【動画】仮装コンテストは米国出身のネルソン・フランチェスカさんが優勝=越田省吾撮影
[PR]

 お化けや魔女に仮装するハロウィーンの熱気が高まっている。数万人規模のパレードが予定され、警察が混乱防止に力を入れる。「仮装出勤」を勧める会社や「仮装登校」を認める学校も出てきた。市場規模が近くバレンタインを上回るとの見方もあり、ハロウィーン商戦は過熱ぎみだ。

「人手、年末年始に匹敵」

 週末の24日、東京・渋谷。スクランブル交差点には仮装した若者の姿がみられ、ハチ公像もドレスアップされた。複合施設「渋谷ヒカリエ」では仮装コンテストが開かれた。蝶(ちょう)を模した衣装で優勝した米国出身のネルソン・フランチェスカさん(29)は「米国では主に子ども向けのイベント。日本のハロウィーンは大人も楽しめる」と笑顔を見せた。

 地元の事業者などが実行委員会をつくり、企画している。東急電鉄の小島惇さんは「この時期の渋谷は、年末年始に匹敵する人出」と話す。

 25日も催しが相次ぐ。JR川崎駅周辺の仮装パレードは、参加枠2500人が5日間で埋まった。担当者は「商店街の一イベントが年々大規模になる」といい、19回目の今年、10万人以上の来場を見込む。東京・六本木でも商店街振興組合主催のパレードに13万人が集まる見通しだ。

 ハロウィーン本番の31日、渋谷ではクラブやライブハウス20カ所を貸し切りにするイベントがある。池袋では動画投稿サイトと連動し、昨年は約5万人が来た「コスプレフェス」が開かれる。札幌市では初開催の「大通ハロウィンカーニバル」、新潟市でも「にいつハロウィン仮装まつり」が予定される。

 今年は土曜日で人出が予想され、警察や行政は対策に追われる。渋谷では昨年、人混みのなかで女性を触ったり警察官の顔を殴ったりしたとして2人が逮捕された。警視庁幹部は「今年は昨年の数倍の警備態勢で臨む。大事故につながってからでは遅い」と話す。

 ゴミが増え、着替えで施設のトイレが占拠されることも懸念されている。渋谷区は31日、臨時のゴミ集積所を駅周辺に設け、着替えやメイクのスペースを公園に設ける。東京都はハロウィーン仕様のカボチャのごみ袋30万枚をイベント会場などで無料配布している。

■仮装出勤を奨励、業務に好…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら