[PR]

 JR西日本が、来春開業する京都鉄道博物館(京都市)内を走るSLスチーム号の客車を新調した。京都造形芸術大の学生らがデザインを手がけた。

 レトロ感を出すことにこだわった。座席は木製にし、車内のあちこちに「つばめ」「富士」などの往年の列車のヘッドマーク柄をちりばめた。

 外装は、SLがひいていた古い客車をイメージしてブドウ色に。担当者は「ブドウのようにお客さんが鈴なりになれば」と期待を込める。